業者に依頼する場合

トイレのつまりに対して、ご自分で対応するとなると、場合によっては間違うと被害が拡大して余計な出費になることもあります。特に集合住宅の場合は自分の部屋以外の住人に対しても迷惑をかけることになりかねません。自分でトイレのつまりを直せない場合は当然業者に依頼することになります。

トイレたとえば、つまりの原因がトイレットペーパーなどであれば自分で解消することも可能ですが、原因が固形物の場合はまったく対応できない場合もあり、なにもわからないまま対応して余計に置くに入ってしまい排水管のほうまで工事しなければならない場合も考えられます。そのため、つまりの原因が水に溶けない固形物であれば業者に依頼したほうがよいでしょう。トイレのつまりを業者に依頼した場合、大体は作業料金+基本料金+出張費がかかります。つまりの原因によっても変わりますが、軽度であれば約1万円以下ですみます。便器の着脱などが必要になった場合はさらに費用がかかります。

いくらくらいになるのか心配な方はあらかじめ電話で見積もりしてもらうといいでしょう。ただ、実際の原因によって価格は変わってくるので、金額が変わる可能性があることを頭に入れておきましょう。

トイレのつまりの対処法

日常的にトイレを使用していて突然トイレがつまってしまうと大慌てしてしまいますよね。そんなもしものときのために、トイレつまりの簡単な対処法をご紹介します。

トイレのつまりでトイレットペーパーなど本来水に溶けるはずのものが詰まってしまった場合に効果的な方法はバケツで水を流すことで解消します。バケツの向きを排水口に向けて、少し高めのところから注ぎ入れるように流します。イメージとしては水と一緒に空気を排水口に入れるかんじです。また、水の代わりにぬるま湯を使ったり、洗浄剤と組み合わせることでより効果を得ることができます。洗浄剤は市販のものを使えます。

ラバーカップまた、自宅に重曹があれば洗剤の代わりに重曹とお酢を1:2の割合で便器に入れます。お湯だけよりは効果が望めます。ところで、トイレのつまりといえば多くの人が最初にラバーカップを思い浮かべるでしょう。棒状の取手に、緩急がついています。便器の排水溝の部分に隙間ができるだけできないようにラバーカップをくっつけてゆっくりと排水口に向かって押し、勢いよく引き抜いてください。排水に排水が引き込まれるようになるまでこの作業を繰り返してください。どれも、とても簡単で知っていて得する情報ばかりです。ぜひ今から知っておいていざというときに役立てましょう。

関連情報⇒トイレつまり

トイレのつまりの原因

トイレのつまりには様々な原因がありますが一番の原因はトイレットペーパーやティッシュペーパーなどの紙類です。トイレットペーパーは本来、水に流すと時間の経過とともにバラバラになる性質を持っていますが、一度に大量に使ってしまうと穴の部分を塞いでしまい、それがつまりの原因になってしまいます。

ティッシュペーパーもつまりの原因になるというのは、もしかしたら意外かもしれませんが、これはトイレットペーパーにあるような水に溶ける性質を持っていないためです。そのため、長時間水に浸しておいても、ずっと原型はとどまったままになっています。したがって、ティッシュペーパーは少量でもつまりの原因になりがちです。

猫ところで、数ある商品の中には水に流せることを売りにした商品がたくさんあります。しかし、これらの商品も念のため水に流すことは避けましょう。なぜなら、これらの商品によるトイレのつまりも多く業者の方は見てきているからです。流せるシリーズの紙は1枚の厚さが普通のものより厚いので、複数枚使用すると排水管に溜まってしまう可能性があります。このようなシリーズものは使い勝手が良く便利なのですが、使用した場合はそのまま流さないでゴミ箱などに直接捨てた方がいいでしょう。また、流せるペット砂などは流さないほうがいいでしょう。他の原因としては、トイレに入る際に本人が身につけていたものがトイレの中に落下してしまうケースです。体についていたカイロや携帯電話、軍手などさまざまです。それ以外にも、トイレにもともと置いていた飾りなどが何かの拍子で落ちてしまいそれに気付かず流してしまったということもあります。

水回りのトラブル

トイレのつまりやキッチンのトラブルといった水回りの故障は緊急性の高い問題にゆえ、パニックに陥り、的外れな対応をしてしまう場合があります。このような故障については個人で修理することはおすすめしません。

トイレ特にトイレのつまりに関してはその症状やその原因によって対応方法が異なります。症状から原因を見極め、それにあった対処法を選ぶことも重要です。まだ簡単なお掃除で排水管のつまりを解消できることも可能ですが、個人の手に負えない場合は業者に見てもらって、適切な修理を行なうようにしてください。個人で無理をして修理を使用とすると状態を更に悪化させてしまう可能性があります。それでも、やるのであれば自己責任ということになります。個人で直すリスクとしてはよくわからないままいろいろなところを触ってしまい、大事なパーツを傷つけてしまうと結局触ってしまったところすべての部品を取替をしないと行けない羽目になるので余計な費用を発生させてしまう可能性があります。たとえ、日々気をつけてキッチンやトイレを使っていたとしても経年劣化のせいでどうしても水漏れや水回りのトラブルは起こってしまうものです。

ここでは、水回りトラブルの中でも数がとても多いトイレのつまりについて説明していきます。配管がつまってしまう原因はどの場合であれ、異物や汚れが長期間取り除かれずとどまってしまっていることが原因になります。そのため、時間をかけて少しずつながれにくくなってしまうのです。ここでは詳しい原因と対処法、業者に依頼する場合の注意点などについて説明していきます。